年金分割

1 年金分割とは

離婚する夫婦の一方又は双方が厚生年金の被保険者であった場合、離婚の際に婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)について分割を求めることができます。
年金分割には①合意分割と②3号分割があります。

2 合意分割

合意分割とは、当事者双方の合意又は裁判手続で定められた按分割合に従い、厚生年金記録(標準報酬月額)について分割を求めることができる制度です。
手続の流れは以下のとおりです。

(1)情報通知書の請求

年金分割を行う場合には、まずは年金事務所で「年金分割のための情報通知書」を取得する必要があります。
この通知書には、分割の対象となる期間やその期間における当事者それぞれの標準報酬月額・標準賞与額、按分割合を定めることができる範囲などの情報が記載されています。

(2)按分割合の決定

年金分割における按分割合を決める必要があります。
当事者間で合意できれば、当事者で所定の合意書面を作成します。
合意できないときは、調停、審判、裁判により決定されることとなります。

(3)年金分割の請求

按分割合が決定された後、年金事務所で年金分割の請求手続きを行います。
年金分割には原則として離婚後2年という請求期限がありますので、期限を過ぎてしまわないように速やかに行う必要があります。

3 3号分割

3号分割とは、平成20年4月1日以後の婚姻期間中の第3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。
3号分割では、按分割合は2分の1と決まっており、合意や裁判所の手続で別の割合を定めることはできません。
年金分割の請求は、年金事務所で請求手続きを行うことになります。
合意分割と同様に離婚後2年の請求期限がありますので、期限を過ぎてしまわないように注意が必要です。