離婚事件Q&A

離婚すると姓と戸籍はどうなるのか?

夫婦が離婚すると、結婚により改姓した者は、結婚する前の姓に戻るとされています。

つまり、結婚にあたり妻が夫の姓に改姓していた場合、妻は結婚前の姓に戻ることになります(夫が改姓していれば、夫につき同様となります)。

離婚により結婚前の姓に戻るとき、戸籍については①結婚する前に在籍していた戸籍(親の戸籍等)に戻るか、②自分が筆頭者となる戸籍を新たに作ることになります。

 

また、離婚から3か月以内であれば、市町村役場に届け出ることにより、離婚後も引き続き結婚時の姓を名乗ることができます。

離婚から3か月が経過した後も結婚時の姓を名乗ることも可能ですが、家庭裁判所に「氏の変更許可の申立て」を行い、家庭裁判所の許可を得なければなりません。

離婚後も引き続き結婚時の姓を名乗る場合、結婚前の戸籍に戻ることはできませんので、自分が筆頭者となる新たな戸籍を作ることになります。