親権

1 親権とは

親権とは、子を監護、養育するために父母に認められた権利義務のことをいい、父母が離婚した場合には、どちらか一方の単独親権となります。

2 親権者指定

協議離婚においては、協議により父母の一方を親権者と定めます。
調停においても、調停における話合いの中で一方を親権者と定めることになります。
調停が成立せず離婚訴訟になった場合には、判決により親権者が決められることになります。

3 親権者を決める判断基準

裁判所が親権者を決める際には、子の利益のためにどちらを親権者とすべきかを総合的に判断します。
その判断要素、判断基準は明確に定められているわけではありませんが、多くの裁判例で考慮されている要素は以下のとおりです。

(1)監護の実績・継続性

養育監護する者を変更すると子の心理的不安定をもたらすとして、現に子を養育監護する者が優先されるとされています。

(2)子の意思の尊重

15歳以上の子については、親権者の指定、子の監護に関する処分についての裁判では、その子の陳述を聞かなければならないとされています。

(3)面会交流の許容性

子どもの福祉の観点から、別居している親との良好な関係を維持することも重要ですので、相手方との面会交流を認めることができるかも重視されています。

(4)奪取の違法性

一方の監護中に無断で子を連れ去るなど、違法な子の奪取については、特段の事情があれば別ですが、一般的には親権者として適格性を有しないと判断する要素となります。

(5)母親優先

幼児期には母親を優先させるという見解がありますが、最近では父親と母親のどちらが親権者としてふさわしいか具体的に判断すべきという考えも出てきています。

調停、訴訟においては、裁判官はこうした事情について家裁調査官に調査をさせることができるとされています。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を

tel_num

平日 9時30分~17時30分受付

メールフォームはこちら