慰謝料

1 配偶者への慰謝料請求

配偶者の不倫、暴力などが原因で離婚する場合には、精神的な苦痛に対する慰謝料を請求することができます。

2 不貞相手への慰謝料請求

配偶者が不貞行為をした場合、その相手に対しても慰謝料を請求することができます。

3 慰謝料額の算定要素

慰謝料額の算定要素として以下のものがあります。

 ① 有責行為の程度、態様

 ② 精神的苦痛の程度

 ③ 婚姻期間

 ④ 子の有無

 ⑤ 離婚後の生活状況

4 慰謝料の請求手続

(1)離婚成立前

離婚について調停を申し立てた場合、離婚条件として慰謝料について話し合うことができます。
また、配偶者とともに、不貞相手も相手方として調停を申し立て、調停手続において配偶者、不貞相手に対する慰謝料請求を一度に解決することもできます。
離婚について調停が成立せずに離婚請求訴訟をする場合、離婚請求訴訟のなかで慰謝料請求を行うことができます。
また、配偶者の不貞相手に慰謝料請求をする場合は、地方裁判所で不貞相手に対する訴訟を提起することもできますが、家庭裁判所で配偶者とともに被告とすることもできます。

(2)離婚成立後

離婚成立後にも3年の時効が成立するまでは慰謝料を請求することができます。
離婚成立後は、地方裁判所へ訴訟を提起することになります。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を

tel_num

平日 9時30分~17時30分受付

メールフォームはこちら