離婚事件Q&A

婚姻関係破綻後の不貞行為とは?

配偶者が不貞行為を行った場合、配偶者だけでなく、不貞行為の相手方にも慰謝料を請求することができます。

しかし、不貞行為の開始時において、夫婦の婚姻関係が既に破綻していた場合には、不貞行為の相手方には慰謝料を請求できないとされています。

では、どのような場合に婚姻関係が破綻していたとされるのでしょうか。

婚姻関係の破綻については、別居の有無、離婚に向けた話合いが行われているかなどといった事情から、総合的に判断するものとされており、明確な基準があるわけではありません。

また、裁判所は、婚姻関係の破綻を容易には認定しない傾向があります。

婚姻関係の破綻を主張するのであれば、「夫婦仲が悪かった」などと抽象的に主張するだけでなく、婚姻関係の継続、修復が困難であることが明らかといえるような具体的な事情を主張、立証する必要があるといえます。