離婚事件Q&A

配偶者の慰謝料を免除した場合に不倫相手に請求できるのか?

配偶者が不貞行為を行った場合、配偶者、不貞行為の相手方に対して慰謝料を請求することができます。

配偶者への離婚請求を行い、合わせて配偶者、相手方に対して慰謝料請求を行うケースであれば特に問題はありませんが、配偶者とやり直す場合、あるいは離婚の条件として配偶者の慰謝料を免除することもあります。

配偶者に対して慰謝料を免除しながら、相手方に対して慰謝料を請求することは認められるのでしょうか。

不貞行為においては、配偶者と相手方が共同不法行為を行ったとして、その損害賠償債務(慰謝料を支払う義務)は不真正連帯債務とされます。

そして、不真正連帯債務においては、一人に対する免除の効力は他の者に及ばないとされていますので、配偶者に対しては慰謝料を免除しても、相手方に対して慰謝料を請求することは認められることとなります。

ただし、相手方から配偶者に対し「求償」として、慰謝料として支払った額の一部を負担するよう請求することができますので、相手方から慰謝料が支払われて終わりとはならないことに注意が必要です。